OBS ロゴマーク写真:マウス飼育施設の室内-(株)オリエンタルバイオサービス

弊社で作製した遺伝子改変動物(マウス/ラット)、既にお持ちの遺伝子改変動物や、国内外の研究施設より分与を受ける遺伝子改変動物をお預かり、line確立や繁殖供給を行います。

ページ背景

株式会社 オリエンタルバイオサービス

バイオ研究を実験動物でサポートします

受託飼育サービス

OrientalBioService

価格・納期などのお問い合わせは、

お問合せ先のページ(メール・FAX)をご参照いただくか、

下記へお電話をお願いいたします

 

()オリエンタルバイオサービス南山城研究所

TEL 0743-93-0330 (平日 AM9PM5

 

Copyright © OrientalBioService,Inc. All Rights Reserved.

説明写真:マイクロアイソレーションラックでのマウス・ラットの飼育管理-(株)オリエンタルバイオサービス神戸BMラボラトリ

マイクロアイソレーションラック

 

ケージ単位の個別換気ケージで飼育します。実験室(レンタルラボ)を併設しており、非SPFや

輸入マウス・ラットを使った緊急を要する実験や、アデノウイルスベクター・菌感作試験などに

ご利用いただけます。

◆SPF施設

飼育条件

温度23.0±2度、湿度50%±10%(各部屋完全独立制御)

受託方式

ラック貸し(マウス:最大30ケージ、ラット:最大20ケージ)

対応動物種

マウス、ラット(遺伝子改変動物対応)

SPF検査項目

微生物検査の項目

飼育環境

SPF飼育棟管理状況PDFファイル 67KB

SPF施設内での受託飼育は弊社でのSPF化が必要となります(弊社でトランスジェニックマウスを

作製した場合は不要、また、弊社の指定するブリーダー由来SPF動物は検疫後、飼育可能です)。
・作業内容には交配・離乳・個体識別・断尾・月1回以上の現状報告書作成費んでおりま
・オプション作業(別途費用)として、採血、体重測定などにも対応いたします。
・飼育動物の配送費用は、別途申し受けます。


◆コンベンショナル施設


滅菌できない器具器材や検体を持ち込んだ試験や、研究者の弊社施設内での実験が可能です。
コンベンショナル施設内で遠心分離、外科的処置、解剖が可能な実験室を完備しております。

飼育条件

温度23.0±2

受託方式

ラック貸し(マウス:最大30ケージ、ラット最大20ケージ)

対応動物種

マウス、ラット(遺伝子改変動物対応)

・作業内容には交配・離乳・個体識別・断尾・月1回以上の現状報告書作成費を含んでおります。
・オプション作業(別途費用)として、採血、体重測定、摂餌量測定、外科的処置、特殊な飼料などを用いた各種試験にも対応いたします。
・飼育動物の配送費用は、別途申し受けます。

 

◆ビニールアイソレーター


ビニールアイソレータを用いて完全隔離飼育を実施致します。


飼育条件

温度23.0±2度、湿度50%±10%

受託方式

ビニールアイソレーターによる完全隔離飼育
小型アイソレーター(マウス:最大10ケージ、ラット:最大3ケージ)
大型アイソレータ(マウス:最大30ケージ、ラット:最大20ケージ)

対応動物種

マウス、ラット(遺伝子改変動物対応)

SPF化は不要です。
Germ line伝達確認・line確立や輸入マウス・ラットの検疫に最適です。
・作業内容には交配・離乳・個体識別・断尾・月1回以上の現状報告書作成費を含んでおります。
・飼育動物の配送費用は、別途申し受けます。