ページ背景OBS ロゴマーク

OrientalBioService

株式会社 オリエンタルバイオサービス

バイオ研究を実験動物でサポートします

会社紹介

 

本 社

615-0882

京都市右京区西京極葛野町28

TEL : 075-322-1177

FAX : 075-322-0232

 

 

 

 

南山城研究所

トランスジェニックマウス・

ラット作製

SPF化(マウス・ラット)

胚保存(マウスラット)

受託飼育

研究用マウス・ラットの有償分与

 

 

 

神戸BMラボラトリー

・受託飼育

 マイクロアイソレーションシステム

・各種試験

・レンタルラボ

写真:南山城研究所-(株)オリエンタルバイオサービス写真:神戸BMラボラトリー(株)オリエンタルバイオサービス

バイオ拠点

テキスト ボックス:  沿革:
  1988年 設立。5名で業務開始。
    1992年 南山城研究所稼動
  2004年 神戸BMラボラトリー稼動
 従業員数:       50名
   資本金:       5千万円
 代表取締役社長: 三島欣也
写真:(株)オリエンタルバイオサービス本社

Copyright © OrientalBioService,Inc. All Rights Reserved.

動物福祉へ向けて

弊社では「OBS実験動物福祉委員会規定(平成1861日)」を策定し、動物実験の基本原則である3R[苦痛の軽減(Refinement)、代替法の積極的な採用(Replacement)、使用数の削減(Reduction)]に1R[動物実験に対する責任(Responsibility)]を加えた4Rを実践するとともに、動物の生理、生態、習性等に配慮した、科学的に適正な実験動物の飼育管理が行われるよう努めております。

また、承認された動物飼育繁殖計画書等の自己点検・評価や実験動物への感謝のため、動物慰霊祭を行っております。

上記のような動物実験への取り組みの下、日本実験動物協会による平成23年度第二期実験動物生産施設等福祉調査により適切な管理・運用がなされているとの評価を頂きました。