ページ背景

株式会社 オリエンタルバイオサービス

バイオ研究を実験動物でサポートします

生殖工学分野受託サービス

OBS ロゴマーク

OrientalBioService

価格・納期などはお問合せください

 

()オリエンタルバイオサービス南山城研究所

TEL 0743-93-0330(平日 AM9PM5

 

Copyright © OrientalBioService,Inc. All Rights Reserved.

マウス・ラットのSPF


既に維持されている系統や国内外の研究施設より分与を受けるウス/ラットの胚移植法によるSPF*1を行います。

弊社では、子宮切断術では除去しにくい、胎盤感染する病原微生物も除去可能な胚移植法を用いております。

子宮切断術によるSPF化については別途お問い合わせ下さい。

*1胚移植法によるSPFマウスの作出法,
   
木藤実,林直木,片山万貴,図解実験動物技術集II p2-7(アドスリー)

 

*2ヘテロ×野生型または、ホモ×野生型の組み合わせでSPF化を実施する場合で、

     雌については採卵に適した週齢、匹数をブリーダーより入手可能な場合に限ります。

 

*3ご提供いただく雌の週齢は系統により異なります。

    改変した遺伝子および系統により、体外受精・ガラス化保存胚の個体作出成績が

    低い場合がございます。

 

写真:マウス(黒)-マウス・ラットのSPF化-(株)オリエンタルバイオサービス

SPF化方法

胚移植法

ご提供いただくもの

体外受精の場合*2          雄2匹以上
自然交配の場合*2          雄5匹以上
ホモで維持の場合*3        雄5匹、雌10匹以上
ご提供いただくは繁殖経験のある10~20週齢が望ましい

SPF検査項目

微生物検査の項目

基本作業期間

3ヵ月