ページ背景

株式会社 オリエンタルバイオサービス

バイオ研究を実験動物でサポートします

生殖工学分野受託サービス

OBS ロゴマーク

OrientalBioService

価格・納期などはお問合せください

 

()オリエンタルバイオサービス南山城研究所

TEL 0743-93-0330(平日 AM9-PM5

 

Copyright © OrientalBioService,Inc. All Rights Reserved.

トランスジェニックマウス(Tgマウス)の作製


 

 

 

発現プラスミドよりご指定の制限酵素処理を行い、マイクロインジェクション用のDNA断片を調製いたします。目的DNA断片の前核期胚への顕微注入・胚移植で、トランスジェニックマウスを作製いたします。
cDNAクローニング・発現プラスミド構築からトランスジェニックマウス作製までの一連の作業をお引き受けすることも可能です。

*1:出産遅延など必要に応じて、子宮切断術による新生仔摘出を実施します。

 

*2:PCR解析の条件は、開示いただきます。
      また、委託者での解析にも対応いたしております。
     その際は、tailまたはオプションとしてゲノムDNAを抽出し送付いたします。

写真:マウス胚へのインジェクション-トランスジェニック(Tg)マウス・ラットの作製-(株)オリエンタルバイオサービス

バックグラウンド系統

マウス:C57BL/6等の近交系、BDF1×C57BL/6の交雑系
上記以外の系統についてはお問い合わせ下さい。

作製条件

(全工程SPF環境下で実施)
処理胚数:300個
胚移植数:20個/仮腹

 

ご提供いただくもの

 

発現プラスミド、PCR解析条件、PCRプライマー(PCR実施時)

基本作業

1 マイクロインジェクション用DNA断片の調製
2 目的DNA断片の前核期胚への顕微注入・胚移植
3 自然分娩または子宮切断術による新生仔摘出*1・哺育・検疫
4 
PCR解析*2

基本作業期間

約3ヵ月~